皆さんこんにちは。投稿担当のKです。

今朝の日経ですが「出生数86万人」です。

厚生労働省によりますと、出生数は前年比5.92%減と急減、また出生数が死亡数

を下回る「自然減」も51万2千人と初めて50万人をこえ、少子化・人口減が顕著

になってきています。

東京食彩
人口の多い40代~50代の働き方が焦点になってきます。

少子化は社会保障の支えての減少に直結する為、政府は34~49歳の

「就職氷河期世代」の正社員雇用を進める姿勢を表しています。

少子化は潜在成長率の低迷を招く恐れもある為、企業としても、更に変化を

求められる時代になってくると言えそうです。

 

0
PV: 82 views