昨日の日経

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。

29日の日経記事では、2020年の不透明な先行きが記されていました。

東京食彩
家計防衛、経済にとっては良くない日響きのする言葉です。

1月…英EUの離脱期限

2月…米大統領選がスタート

4月…高等教育無償化がスタート

6月…ポイント還元終了

7月…東京オリンピック(24日~8月9日)

9月…新たなポイント還元制度開始

11月…米大統領選投開票

12月…住宅ローン控除3年延長の期限切れ

 国内だけでなく、国際的に視野を広げておく必要がありそうです。

また4月からは「同一労働同一賃金」が開始。非正規社員には収入増の期待が

ありますが、雇用を推し進める国策と相反する部分があり、ねじれた関係性は

間違いなく企業間で問題提起がされると思います。

0
PV: 143 views