元旦の日経

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。

お正月の日経新聞の記事です。

今や世界で70億人を覆う資本主義。その今までの潮流や定義が変容しつつ

あるという内容です。

 産業革命以降、物の大量生産が経済の成長をけん引してきました。

多くの工場が出来、たくさんの労働者を抱え、豊かな中間層を生み出し、

消費・経済成長を支えて来ました。しかし経済の「デジタル化」により、

富の源泉は知識や情報・データへと変わりました。

 ここで矛盾が起きています。もはや経済の中軸であるIT産業は高いスキルを

もつ、一握りの人材を求めるのみとなり、社会が雇用を生み出す力は弱く、

世界の高中所得国では3億人もの製造業雇用が消える見通しだといいます。

 日本では人手不足が年中言われておりますが、言い換えれば世界の流れに

完全に乗り遅れている証左とも受け取れます。

 世界の貧困率も資本主義が広がるにつれ、30年前と比べると大きく低下して

おり、これから更に社会で生きていくのには大きな矛盾を抱えながらの1年に

なるという記事です。対岸の火事と思わないことが必要だと感じます。

東京食彩
2020年を「デジタル元年」と謳う日本は世界より10年遅れている。
0
PV: 125 views