今日の日経

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。

今朝の日経記事です。グーグルは2022年までにネット閲覧履歴データの

外部提供を止める方針を明らかにしました。

 現在は個人ユーザーがネットを利用すると、どのサイトを訪れたかを

記録した「クッキー」と呼ばれる閲覧履歴データが、外部のネット広告に無料で

渡る仕組みになっています。このデータ提供を段階的に止めるというのが今回の

内容です。

 クッキーのデータ広告が止まれば、趣味や嗜好に合わせて絞り込む「ターゲティング広告」の精度が低くなります。個人ユーザーが(監視されている)という

不安はや不快に思う場面は減ってきます。その代わり、自分の関心に近い広告を

みるという利便性は低下します。

 英国調査会社ゼニスによると、ターゲティング広告の世界市場は11兆円にも

なるそうです。つまり今後ネット業界への影響は大きく出てくると思われます。

東京食彩
グーグルのデータ寡占が進む可能性も。
0
PV: 154 views