今日の日経②

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。

今朝の日経記事です。高級食材の和牛の流通価格が下落しています。

東京市場の和牛(A4,去勢)の2019年12月平均卸値は、1キロ当たり

2,319円と、前年同月に比べて13.8%も安かった。11月と比べても4%安く、

通常ならば12月が最も高くなるはずが、異例の状況となっているそうです。

和牛をめぐっては近年、増え続ける訪日外国人客の消費や輸出が旺盛で、

それが故に過去最高値圏で推移してきました。

 「値段が高すぎる」

国内の消費は減りました。その一方、和牛と乳牛を掛け合わせた「交雑牛」が

人気を集めています。サシが程よく、価格も安い。

外国人が「和牛」を消費し、日本人が消費しない傾向は、インバウンド依存

の証明であるともいえます。

東食サービス
A5ランクの価値がだぶつき始めている。
0
PV: 175 views