竹鶴21年」とは?

「竹鶴21年」は、ニッカウヰスキーが造る、竹鶴シリーズのひとつ。

「ブレンデッドウイスキーのように飲みやすいピュアモルトウイスキー」をコンセプトに、余市と宮城峡をバランス良くヴァッティングさせて造られたシリーズであり、その味わいは初心者にも飲みやすいと評判だ。

「竹鶴21年」は、その中でも深みとエレガントさが楽しめる1本で、アルコール分43%であることから、使い勝手もいい。人気が頷ける1本なのだ。

0
PV: 170 views