就職戦線にランチェスターを

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。就職活動を巡り、企業の対応はバラバラとなり、就活生には個々で情報を、集める必要がある状況です。
それでも6割の内定が決まっているのは、コロナ以前からの活動があったからこそかと思います。故に思うのは、「通年採用」へ制度を変え、学生も最終年度は二足のわらじを履く様な状況にしてしまえば良いと思います。
よくも悪くも、一斉に…という日本の風潮は時に共倒れを誘発します。
柔軟であって、それでいて秩序もあるということもできるはずで、その境目にある今に、一律がどうとかを最前面に押し出すのは得策ではないと考えます。

就活
柔軟に考えれば、返って大きなチャンスかもしれない。
0
PV: 216 views