資格でなく制度の見直しを

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。特定技能にコンビニの資格導入を検討しているという記事です。
結局は「人が足らないから外国人で穴埋めする」だけの政策だということが、改めて浮き彫りになり、非常に落胆しています。
根本的問題として、
・特定技能1号を取得したいと心から思う外国人はほぼいない
なぜなら規制が多く、国と国との間で障壁があり、家族を連れてくることができない、等デメリットが大きいからです。

企業側からしても、資格をとるまでのハードルの高さや、日本人を雇用するより管理と金額負担が大きい事から、雇用が進んでいません。
それに今回の有事で、国内の外国人雇用は実質頭打ち、日本の国民性から、日本人で働けない人がいるのに外国人を優先的に雇用する企業は稀と言わざるを得ません。

外国人を採用するメリットは、日本人の働く意識や考え方、広い見識を得る等多岐に渡ります。
ですので、今も変わらず、まずは
・受け入れ整備を元本から見直す
・企業リスクを最小化する
・相互理解の元、有期雇用の柔軟な導入

国の制度は「大企業」をベースメントとしていること、これを先ず変えなければならないと感じます。

国の表現とは真逆の「外国人を受け入れない風土」は今でも入国管理局で存在する。
0
PV: 119 views