淘汰かモデルチェンジ

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。米のスターバックスは「スターバックス・ピックアップ」という、スマホアプリでのオーダー客へ商品を渡すだけの店舗を増やす計画があるそうです。
IATA(国際航空運送協会)は、座席数を3分の1に減らして運航すれば、運賃を5割あげないと赤時になる、という試算を出しています。
安全と利益の均衡点をみつけだすことが、各企業へ求められます。

今までの店内でのサービスや手作りの料理が提供出きることが、お店にとっての理想ですが、もうそこには戻れないと認識して、新しい理想や価値観を模索し、同時に企業として発展的するか淘汰されるか分岐点だと思います。

スターバックス・ピックアップ
損益分岐を超える企業が当たり前ですが、生き残ります。
0
PV: 29 views