働きたいか そうでないか

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。
世界銀行の「事業環境ランキング(ビジネスの働きやすさ評価)」で
日本が190ヵ国中106位を証明する記事です。
【役所のオンライン】と
【労働法】がもはや化石化しているお話です。
今回の助成金で相次ぎ「オンライン申請」を
打ち出していますが、サーバーの不足や情報漏洩、
果てにはオンラインで受けとった申請をプリントし、
それを目視で確認するという、昔コントで観た光景が
役所のリアルです。
テレワーク(在宅勤務)についても、以前から導入していたのは
有名な企業ではカルビー位で、あとは大手も中小も関係なく、
名ばかりテレワークが氾濫しています。
 日本人の働き方が「労働時間」ばかりをクローズアップし、
労務管理≒労働時間管理 が未だに、未だに続いていることが
有事で大きな課題として浮き彫りになりました。
働きたい人は働けばいいし、働きたくない人は働かなければいいと
思います。成果と働き方で待遇が変わればいいのです。
それを「労働時間」を中心に考えるから、誰も幸せにならないのでは
無いかと思います。
 労働基準法は戦後に出来ました、2020年で「戦後75年」になります。
今から20年前「5年以内に世界最先端のIT国家となる」と宣言しています。
国民力で、今更でなく、今から巻き返したいと感じています。

労働基準法
労働の基準(価値観)を変えたい。
0
PV: 32 views