新商品と販売数

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。コロナ下でも業績好調のアークランド(かつや)のテイクアウト新商品と、静岡の飲むプリンの商品記事です。

99%男飯とも言えるかつやの商品と、老舗店のスイーツ、どちらにも共通しているのは、対象としている顧客イメージが視えること、販売見込数を提示していることです。
良い商材も、売る人が目的を持っていないと売れませんし、達成感を味わえないと苦痛にしかなりません。新商品と販売目標はセットで考えるべきと考えます。

ほかの日経記事もどうぞ…♪

0
PV: 152 views