顧客≠株主

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。コロワイドが大戸屋に対してTOBするという内容の記事です。

大戸屋といえば、昔は美味しい・お洒落な定食屋として支持の高い企業でした。チキンかあさん煮定食が懐かしく思います。
アルバイトテロの時はいち早く休業し、企業姿勢は評価されましたが、それ以前にやよい軒など他の企業の台頭が続き、厳しい状況であったようです。
また去年のテレビ放映での労働時間問題で、時間ではなく社員や社風にフォーカスが行き、マイナスイメージ先行となったのも影響しています。
今回、セントラルキッチンに現場が反対し、店内調理を重視する事に社員が結束し、敵対の様相となっていますが、大戸屋の弱みである「高価格」「オペレーション」更に現在の「デフレ」更に踏み込み「雇用」まで考えると、ただ反対しているだけではグズっているだけであり、対案を出すことも同様に必要かと思います。
大戸屋は以前、幹部の承継で内輪もめがクローズアップされた過去があり、内部体質を根本から変える必要があるのではないでしょうか。
9割の社員が「セントラルになったら退職する 」と言っているとのことですが、それが、1人1人からなのか、トップからの押さえつけなのか、フェイクなのかは解りかねますが、今の状況でそれは社員自身にとって不可能ですし、それがセントラルと効率化に舵を切るきっかけにもなりかねないと感じます。
詰まる所、店内調理云々でなく、
いかに販路を広げていくかが重要であり、焦点がずれている印象を拭えません。

企業が見ている先に居るのは株主か顧客か
1+
PV: 98 views