助成の発展型

皆さんこんにちは。
投稿担当のKです。
航空業界の経済打撃は桁が異なり、コロナによる国内減収額は2兆円とも言われています。リーマンショックのときが3〜4千億円ですから、その大きさがうかがえます。手元資金が3千億も、中小企業にとってはケタ違いですが、毎月溶けるのも1千億と聴けば、その危機感が伝わってきます。
明白なのは毎月かかるコストをいかに低減させるかが、「存続させる」には必要なことで、
・低利の融資
・配置転換
・資本注入
と続けての対策が行われているようです。客室乗務員が観光商品の開発部署へ、という内容も、いかに逼迫しているとはいえ、生産性とは無縁の一時しのぎでしかない事は、素人にも容易に理解できます。
以前、JALが1万6千人もの人員整理をした経緯から、2度と繰り返さない、という職場のアレルギーもあると思います。
雇用調整助成金の延長もささやかれていますが、この仕組みを継続するだけでなく、仕組みの発展型を提案する必要も多いに必要ではないかと感じます。

JAL
延長だけでなく、更に運用効果を高める事が活路へつながる気がします。
1+
PV: 137 views