糖質0ビール

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。キリンが糖質0のビールを開発・販売するそうです。非常に興味と販売可能性のある内容です。

・酒税法改正で今年10月からビール単体は安くなる
・低アルコール(5%→4%)
・健康志向

ビールと第3のビールを区分けする際の判断基準は今や人それぞれです。第3は「価格」ビールは「味」が価値ですが、第3の品質向上、ビールの税率ダウンで、その幅は20年前よりだいぶ狭まってきているように感じます。クラフトビールの台頭もあいまり、ややもすると混とんとした様相で、アサヒビールが販売量の提出をやめたのも、ビール単体=その会社の成功を表すものでは無い時代だということだと思います。

今回の糖質0は、我々アラフォーと団塊世代には興味深いものがあります。特に「中年太り」‥「家飲み」「在宅勤務」これは日本人のメタボを後押ししてしまう傾向があります。あくまで一般論ですが、生産年齢人口で最も層の厚い40-50代の需要がここに合致すれば、またビール業界は混沌さを増してきます。「機能性ビール」「トクホビール」等も出てくるかも知れません。

あとはより思考が複雑化している若い年齢層へどう響くか、興味は尽きません。

キリン糖質0
0
PV: 117 views