合意して働く

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。8月の完全失業率が3.0%となり、その数は200万人を超えました。内訳の多くは非正規雇用の減少です。
・非正規雇用者数…2,070万人(▲120万人)
・派遣社員…127万人(▲13万人)

それに比べて正社員は
・正社員…3,535万人(+38万)

一部の産業において、人手不足があると観られています。人手不足を今までは非正規で補っていたのを、正社員で補う企業が増えているとも考えられます。

有効求人倍率は1.04%と低く、企業からの有効求人は7月に比べて0.9%増えましたが、働きたい有効求職者が4.7%増え、需給のバランスが今は取れていない状況です。

雇用の指標となる「新規求人」は全体で前年比▲27.8%となっています。主な内訳ですが、

・飲食・宿泊…▲49.1%
・生活関連・娯楽…▲41%
・製造業…▲38.3%
・情報通信業…▲34.6%
・卸売業・小売業…▲34%

幅広い業種で減少が大きく、一時的に、他業種からの求人も増えてきています。

社員を雇うということは、企業に取りとてもプラスであると同時に、大きな責任が伴います。特に日本は企業よりも労働者を守る国柄が強い為、採用する側もされる側も、お互いに合意をした上で、気持ちよく働きたい環境づくりに腐心したいと思います。

完全失業率
お互いに気持ちよく働きたいと思います。
0
PV: 49 views