職業

皆さんこんにちは。投稿担当のKです。東京ディズニーランドの苦戦が続いています。
現在の入園者数は約3-4万人、賑わいを感じさせますが、入場規制等も行い、繁忙時の半分とのことです。また750億円かけて新アトラクションも始めたばかりで、とある証券アナリストによると、入園者数が前年比で▲50%を切ると、通期で赤字へ転じる可能性が高い、といいます。

現場で働く社員、Castも、働きかたの変更を余儀なくされています。花形ともいえるダンサーの仕事は、
・窓口業務
・手当を受けて退職
・期間満了で退職
の選択肢を迫られています。
つまりダンサーとしての仕事はありません、ということです。

例えばコックさんが、ある日突然事務をしたり、ソムリエさんが外回りの営業へ駆り出される、そんな感じでしょうか。

新しい挑戦と捉える向きもありますが、夢を追う職業であればあるほど、ショックも大きいと思います。
ダンサーも、事務も、調理も、その先にあるのは同じ「周りの人が喜ぶ、ありがとうと言ってくれる」職業であると思います。
ディズニーランドも会社です。
ディズニーランドを存続する為に、ひとりひとりがどう考え、行動するか、その判断と行動が遠回りでも自身の夢に繋がるような気がします。

ディズニーランド
待たずに入れるは「そのうち飽きる」という戦略からの危機感。
0
PV: 67 views